樽前山(1041m)B  樽前ヒュッテコース  2名  06,7,02
 93,9,19の樽前ヒュッテコースからの「樽前山〜風不死岳」
00,9,23のシシャモナイ(苔の洞門)コースから外輪山まで
    3回目であるが、今回は、初めての西山経由で外輪山を932峰へ寄り、1周登山を楽しむ

登下山地点
7:10
7:50
8:15
8:45
9:50
10:10
11:00
7合目登山口
東山分岐
樽前神社奥宮
西 山
932峰
(休憩)
7合目登山口
[3:50]総所要時間
1909(明治42)年の噴火でできた巨大な溶岩ドームを持つ三重式火山として世界的に有名な山である。これまでに2回登っているが、最初の1993年は、今回と同じ7合目の樽前ヒュッテから登り、火口原の中を歩いてドームの根元まで行って噴気孔を覗くこともできたが、現在は外輪山から中へ入ることは規制されている。さらに2000年に登ったシシャモナイ(苔の洞門)コースも現在は閉鎖されている。

 3回目の今回は妻のリクエストによる再訪である。東山分岐から、まだ歩いたことのない外輪山上を時計回りで西山に寄り、2/3周ほどして、風不死岳との間にある932峰に寄って全景を眺め、風不死岳への登山道へ合流して登山口へ戻るコースを計画してスタートする。

 最初のときは、7:30でも1kmほども下に車を置かなければならなかった経験を生かし、日曜日でもあるので、7時には登山口へ着いた。幸い、駐車場は2/3ほど埋まっているだけであった。駐車場には管理人が常駐して、整理をしてくれるのがうれしい。

 登山口で記帳して、少しの間の潅木帯を抜けると砂礫の高山帯となる。急なところは土留めの階段が続くが、高度を上げるにつれて、徐々に斜度はゆるくなる(1)両側には、エゾイソツツジとマルバシモツケがちょうどピークで、ウコンウツギはややピークを過ぎ、この山の名前が付いたタルマエソウ(イワブクロ)は蕾を開きかけたころである。眼下には広大な勇払原野が広がり、さらには太平洋、振り返ると支笏湖が見える。前後に多くの登山者の姿が見える。

 40分ほどで外輪山の上に出る。中央に溶岩ドーム、その左後ろに西山、右側手前に外輪山の最高点である東山(1023.8m)が見える(2)東山は最初のときに通過しているので、反対側の西山へ向かって外輪山の上を進む。上空に白く薄い雲が広がり、太陽光線を和らげてくれるのがうれしい。

  20分ほどで、石とコンクリートで覆われた樽前神社奥宮である(3)。エゾイソツツジとマルバシモツケの咲く火口原や溶岩ドームやを右手に眺めながら下っていくと(4)やがて、西山への登りになる。ジグを切って、外輪山から少し外れてピークを目指す。

 西山頂上から北側に、それぞれ別コースから3回頂上に立っている風不死岳とその手前の932峰、支笏湖を挟んで羊蹄山やこれまでに登った丹鳴岳〜フレ岳〜小漁岳〜漁岳、恵庭岳、イチャンコッペ山、紋別岳などが見える(5)

 一息入れて、外輪山上の分岐まで戻り、932峰を目指す。途中、6年前に登ってきたシシャモナイ(苔の洞門)コースへの立ち入り禁止の看板が立っているが、登山道の痕跡はすっかり消えてしまっている。


 東山への分岐から下り、932峰や登山口へ向かうコースを下り、尾根の上にくっきりと続く道を932峰へ向かう(6)

 左手に、帰路となる登山口までの道を見下ろしながらピークを目指す(7)路上には多くの登山者の姿が見える。

 932峰による最大の理由は、ドームを挟んで左側に東山、右側に西山と、樽前山の上部の全容が眺められることである(8)

 それらや眼下に広がる眺望を楽しみながら、早めの昼食タイムとし、20分ほどで下山を開始する。登山口までの長い下りであるが、後半は潅木隊の緩やかな登りとなるが、ちょうど1時間でゴールする。


 4時間弱ののんびり山行を終えて、帰路に着いたが、登っている膨大な人数からも予想はできたが、案の定、登山口から延々と1km近い路肩の駐車が続いていた。


マルバシモツケ

赤花のマルバシモツケ

赤花のマルバシモツケの(アップ)

エゾイソツツジ

タルマエソウ(イワブクロ)

イワヒゲ
                                    

「北海道山紀行・目次」へ      HOMEへ

inserted by FC2 system