ニセコ連峰1泊全山縦走 
グランヒラフスキー場〜新見峠(テン泊)〜雷電海岸  単独  11,9,10〜11

新見峠でテン泊し、装備もデポし、念願の1泊2日全山縦走を叶える




<1日目>

5:00 新見峠
    (テント装備デポ)
5:30 グランヒラフスキー場
    公共駐車場
1日目
地点
 5:40
 6:55
 8:00
 9:00
10:10
11:05
12:25
14:00
15:15
16:00
スキー場
鏡沼コース分岐
ニセコアンヌプリ
五色温泉
イワオヌプリ
ニトヌプリ
チセヌプリ(昼食)
シャクナゲ岳
白樺岳
新見峠(テン泊)
[10:20]所要時間
                         
  かねてから漠然と考えていた「ニセコ連峰全山一泊完全縦走」(ヒラフスキー場〜雷電海岸)だが、新見峠でテン泊し、雷電温泉まで15:00に下りると、岩内と倶知安駅で2回バスを乗り替えて、18:30には、スキー場へ戻り、車の回収が可能なことが判った。

 これまでに、ヒラフスキー場から鏡沼コース分岐までと朝日温泉から海岸の国道までの林道を除いては、ばらばらではあるが全て歩いているコースなのであまり不安はない。ただし、ずっとテント泊縦走装備を背負って歩くのは、1泊2日ではきつそうだ。そこで、前夜のうちに新見峠にテント泊装備をデポして、下山後に回収することにした。

 下山後のGPSの記録を見ると、歩いた2日間のデータは、距離49.6km、獲得標高差3,232m(下りも同じ)、行動時間 1日目、10時間20分、2日目、10時間ちょうど・・・良く歩いたものだ

○まずは、霧雨の中をニセコアンヌプリへ

 まだ暗い内に、新見峠の駐車場の笹藪にテント泊装備を隠して、ヒラフスキー場へ廻る。スタート時はまだ霧雨が降っていたが、天気予報では晴れるはずなので、上下カッパを着て右側のスキー場の望洋ゲレンデに続く作業道を進む(1)第1リフト終点の下を潜り、「ニセコ山頂へ」という標識に従い、右に続く作業道を進む。ここから鏡沼コース分岐に合流するまでは初めて歩くコースだが、この作業道は、スキーシーズンは花園エリアからの連絡コースで、何度か滑り降りていることに気付く。
 

 雨は降ったり止んだりを繰り返す。天候の回復は思ったより遅れているようだ。花園第2リフトの終点の手前まで登り、左の作業道を進む。その途中に「ニセコ山頂へ」という標識があり、その先に登山道が続いている(2)

 花園エリアのゲレンデを横切って、さらに進むと、鏡沼コース分岐にぶつかる。このコースを歩くのは、15年ぶりだ。当時は開削されたばかりの新コースで、登山道も笹や木の切り株が飛び出ていて非常に歩きづらかった覚えがある。しかし、15年の年月で、すっかり登山道らしくなっていた。

 途中から濃いガスに巻かれ、視界20mほどの中を進む。苔の生えた岩が滑って歩きづらい。2時間20分で濃いガスの頂上へ到着(3)このコースの最高峰からの展望も期待していたのだが残念・・・頂上の避難小屋で少し休み、五色温泉へ下る。雨は止んだが、相変わらず濃いガス。まだ誰も登ってくる人はいない。登山口が近くなって、ようやくガスから抜ける。

○晴れてきたイワオヌプリからニトヌプリへ

 アンヌプリ登山口の駐車場にはこれから登る準備をしている登山者がたくさんいた。キャンプ場で水を補給し、カッパを脱いでさっぱりして、イワオヌプリ登山口へ。石の階段の上に続く、いつも崩れている木の階段は、きれいに補修されていて、非常に歩きやすかった(4)。イワオヌプリへ登り始めた頃には、上空は晴れ上がった。クレーターの一番の奧に頂上標識が見える(5)

 いつもは、頂上へ真っ直ぐ続く近道を歩いていたので、今回は左側の稜線の上を歩いてみた。
案の定、西側には赤茶けた尾根の下に昔の硫黄鉱山跡や大沼などの新鮮な眺望が広がっていた(6)

 3人の先客が下っていって無人になったイワオヌプリ山頂へ到着。これでこの山頂は5度目ほどか・・・?1時間半ほど前にはガスに包まれていたアンヌプリがすっきりとその姿を見せているのがちょっと悔しい(7) 下りは、近道を真っ直ぐ下る。目の前には、この後登り返すニトヌプリへの縦走路も見えている(8)
 イワオヌプリを下り、ニトヌプリ分岐へと進む。コルまで下る右側に小イワオヌプリが聳えている。この頂上への登山道はないが、イワオとのコルから間単に登れそうなので、次回の楽しみに取っておこうと思う。その小イワオの下のコル付近に峨々とした岩頭が並んでいる(9)

 
 ネマガリダケの斜面に続くジグを切った道を登り詰めると、ニトヌプリに到着。ここまで越えてきたアンヌプリとイワオヌプリを眺めて一息i入れる(10)
ここまでで、約5時間半・・・今日の行程の半分は過ぎたはずだ。まだ疲れはない。

○露岩をよじ登るチセヌプリとシャクナゲ岳 

 
  次のチセヌプリと北口登山口のあるパノラマラインを見下ろしながら下る(11)この下りは短いのだが、大きな露岩や木の太い枝が道を塞いですんなり歩けないのが辛い。パノラマラインへ下りたら、北口登山口との間に土嚢が並べられていて、通行止めになっている。そこから神仙沼レストハウス間に土砂崩れで道路全面を塞いでいるとのこと。
  
 北口登山口から登り始める。この登りと反対側への下りは、来月の11日にライフスポーツの登山会で40名ほどを引率して登る予定だ。その視点から下見を兼ねているが、上の方の大きな露岩帯の登りはかなり手こずりそうな感じだ・・・。左手眼下に広がるくねくねと続くニセコパノラマラインとその向こうの昆布岳までの眺めで癒やしてもらうとしよう・・・(12)


 チセの頂上には、若者4名が陣取っていた(13)ここまで来るとあと3時間ほどで新見峠まで下りれるはず。まだ12:30なので、ブログを打ちながらのんびり昼食タイムとする。
 30分ほど休んで、シャクナゲ岳を目指してスタート。下り始めて間もなく、これから辿るシャクナゲ岳までの縦走路がくっきりと見える地点がある。明日越える予定の目国内岳や岩内岳、雷電山などが望まれる(14)


 長沼と湯本温泉を結ぶ登山道との分岐からシャクナゲ岳への登りに掛かる。最後は急な大きな露岩の続く道をよじ登って尖った頂上へ到着。東側には羊蹄山と越えてきたアンヌプリとニトヌプリ南峰とチセヌプリが見える(15)

○白樺山を越えて1日目のゴール

 シャクナゲ岳の下りから眼下にシャクナゲ沼が見え、その対岸の斜面に縦走路が見える(16)

 シャクナゲ沼の東岸の登山道は、ここ数日続いた長雨で増水した沼の水にすっかり没している。先行者はじゃぶじゃぶ漕いでいったらしい。

 靴の中を濡らしたくないので、高そうなところの薮を漕いで通過するのに夢中になってしまい、この一帯で一番好きなビューポイントであるシャクナゲ沼の湖面の先の谷間に見える目国内岳の写真を撮るのを忘れてしまった(17)(3年前の写真転用)

 もうすでに8時間も歩いている。沼から稜線への登りが堪える。ここが残りで一番急な登りなので頑張る。

  

 登り切ると、緩やかなアップダウンを繰り返す稜線の先に岩場を巡らせた白樺山が見える。その右側に広がる岩内平野から積丹半島の眺めに癒やされながら、最後の頑張りを続ける(18)
 

 白樺山には、この後新見温泉まで歩いてそこに泊まるという年輩のご夫妻がいた。

 頂上岩頭から、明日登る前目国内岳と目国内岳を眺める(19)。

 携帯が通じるので、明日の現在地の天気予報を見る。なんと、9時からずっと雨予報になっている。なんとか2日で繋げるところにこの縦走の意味がある・・・断念は許されない・・・明日は、雨の中でも踏破しようと腹をくくって、今日のゴールの新見峠を目指して下る。

 笹藪の中では、テント泊装備のリュックが無事で待っていてくれた。早速駐車場の縁の草地にテント設営に掛かる。ところが、テントを押さえる石もなく、ペグも思うように刺さらない。幸い、駐車場の車止めのコンクリート塊の剥がれたものがあるので、それをかき集めてなんとか設営を完了(20)。まずは、今朝買って氷と一緒にアイスバックに入れて置いた缶ビールで安着祝い・・・十分冷たくて美味しかった。

 そこへ車の回収に来たグループが到着。その中の女性がなんとHYML仲間の岩内のTu女史だった。久しぶりの再会に話が弾む。そのメンバーが帰った後に函館ナンバーの3人グループが到着し、駐車場に大きなテントを張る。その中の若い女性が私のサイトを見ていてくれる方だった。

 さて、早々とテントに入って就寝態勢に入ったのはいいが、明日の天気が気になってなかなか眠れない。しかし、外は月明かりで星も見える・・・雨が降るような天候でもない。いろいろ悩んだ結果、できるだけ雨の中を歩く時間を少なくしたいので、3時にはヘッドランプを点けてスタートすることに決定・・・それでも、眠られず・・・・。

つづく〜「2日目(新見峠〜目国内岳〜岩内岳〜雷電山〜雷電海岸)」へ

inserted by FC2 system