小天狗岳 (765m)A
<定山渓ダムコース>  単独 11,5,31
99,11,19の「小天狗岳」
 定山渓天狗岳を下山後、疲れで喘ぎながらの12年ぶりの再訪

登山
地点
下山
12:15
13:15
登山口
頂 上
14:20
13:35
[1:00]所要時間[0:45]
定山渓温泉「グランドホテル」
             (入浴)
道路情報館駐車場(車中泊)
 定山渓ダム湖の西岸から屹立するこじんまりとした山だが、頂上付近に岩壁を巡らせているので(1)名前も奥の定山渓天狗岳のミニチュア版に因んだらしい。登山口は、定山渓ダムの堰堤下の園地にある。

 午前中に、親分格の定山渓天狗に登り、時間を余したので、近くの簡単に登れるこの山を12年振りに再訪することにした。

 とにかくジグを切るか階段しかない急登が続く。昨秋の滝からの転落によるむち打ち症と4月の大腸癌手術による6ヶ月のブランク以来、昨日の札幌岳との初の連日登山とこの1日2山・・・やはり疲れが出て、縦走装備に6gの水を加えてコイカク夏尾根を登る感じ。5分ごとに休み休み、ひたすら、体力回復のトレーニングとばかり、喘ぎながら登る。体力は間違いなく落ちていることを思い知らされた。しかし、結構花の多い山で、それら癒やされながら登ることができた。

 以下、写真を中心にして・・・・。


登山口の定山渓ダム園地駐車場

ダム資料館横の登山道入口

階段がずっと続く急な登山道

振り返ると定山渓温泉とその右上に札幌だけが見える

頂上の様子

頂上から見える親分格の定山渓天狗岳

頂上下から見える定山渓ダム(さっぽろ湖)とその奧に聳える烏帽子岳と神威岳









ムラサキヤシオツツジ

タチツボスミレの群生

オオカメノキ

フデリンドウ



「北海道山紀行・目次」へ     HOMEへ

inserted by FC2 system