岩菅山(2295m) <長野県> (日本二百名山)  10,6、07 
 
●一ノ瀬コース
<単独>
登山
地点
下山
4:20
4:50
6:00
6:10
登山口
アライタ沢
ノッキリ
頂 上
8:35
8:00
7:10
6:50
[1:50]
所要時間(
[1:45]
草津温泉「西の河原露天風呂」(入浴)
北軽井沢Saさん宅へ
小諸市へ(車の修理)
道の駅「みまき」(泊)

ノッキリの手前から見上げる岩菅山頂上

笹原の中の頂上

・本峰は、裏岩菅山(2341m)で志賀高原の最高峰。しかし、一等三角点は岩菅山に設置されている。西側は緩やかな樹林帯で、東側は急な崖となっている。昔は岩巣護山と綴ってたので、イワスゴとも呼ばれているとのこと。もともとは信仰の山で、一ノ瀬から今日の登山道を歩いていたらしい。

・車のガラスの修理のために、昼にはSaさん宅へ戻らなければならないので、前日のうちに登山口まで入って車中泊。久し振りに山中の登山口で朝を迎えた。白々と夜が明けて来るに連れて、賑やかになってくる鳥の囀りが山の朝らしく大好きなひとときだ・・・。夜明けとともに一ノ瀬スキー場から分かれる県道471号線の聖平の上登山口からピストンした。

・10分で一ノ瀬から続くコースに合流。上条用水路沿いの平な道を進み、取水口のあるアライタ沢の橋を渡ると登山道らしい道となる。前半のほとんど木の階段。高天ヶ原コースと合流するノッキリから荒々しい岩尾根を登り切ると頂上に到着。頂上には信仰の山らしく石の祠が2つ。展望は昨日とほぼ同じだが、上空には薄い雲が広がり、くっきり感に乏しい。朝食のパンを食べて下山の途に着く。

・時間的に余裕があるので、草津温泉の「西の河原露天風呂」へ寄る。名前からして無料だと思い込んで行ったら立派な施設で500円だった。昼過ぎにはSaさん宅へ。午後から代休とのことで、わざわざ修理工場のある小諸市まで案内し、修理が終わるまで買い物方々付き合って下さった・・・重ね重ね恐縮至極。その間1時間ほどコインランドリーに降ろしてもらい、洗濯をしながらブログを打つ。

・17:00には修理が終わり、Saさんと別れて、隣町の道の駅「みまき」で泊まり、翌朝、苗場山の登山口のある秋山郷へ向かった。

夜を明かした登山口とSaさんから2泊3日お借りした車

アライタ沢から取水する上条用水路、先端の橋を渡って登山道へ

前半はほとんど階段が続く

頂上手前から浅間山・横手山・四阿山方面を望む

信仰の山らしい祠の鎮座する頂上

避難小屋の向こうに焼額山スキー場と頸城三山

本峰の裏岩菅山と烏帽子岳〜奧は苗場山

初めて目にしたトウゴクサバノオ?

イワナシ


  (戻る)本白根山・横手山・笠ヶ岳へ (進む)苗場山へ 


HOMEへ  日本三百名山紀行へ

inserted by FC2 system