袴腰岳(699m)<知内町/上ノ国町>〜尖岳(604m)<木古内町/上ノ国町>
  
<トンガリ林道〜両山を結ぶ稜線へ繋がる尾根ルート> 山スキー(一部ツボ足)  2名  09、2,04

2年越しの念願の両山へ・・・長い林道を詰めて8時間20分の行動で2山ゲット

4:45 自宅発
6:20 トンガリ林道入口
登山
地 点
下山
 6:40
 8:50
10:00
10:40
10:55
12:10
林道入口
尾根取付き
稜線へ
袴腰岳着
  〃 発
尖岳
15:00
13:35
----
----
----
12:35
[5:30]
所要時間
[2:25]
15:30 のとや温泉(入浴)
17:00 帰宅

  この2つの山は、松前半島の渡島と檜山の境界をなす中央分水嶺上に並んでいる山である(1)(スタート後間もない林道から撮影)。尖岳は、木古内町と上ノ国町の境界線上に位置すし、木古内の市街地からもその端正な山容が見え、とても気になる山である。また、そのすぐ南隣の知内町と上ノ国町の境界線上に位置するのが袴腰岳である。

 袴腰岳は、同名のほかの山と同じく、頂上部がみごとな台形の山であった。これで、北海道にある袴腰岳3山(いずれも道南のみで、函館市の最高峰と前千軒岳の南隣の山)を全て踏破することができた。このほかには、本州の津軽半島に2山あるだけ。

 ルートは、木古内のトンガリ林道を5.8kmほど辿り、稜線上の袴腰岳寄りに繋がる北東尾根に取り付き、まずは袴腰岳へ。その後、稜線上を辿って、尖岳へ。登りの尾根の北隣の東尾根を下って林道の同じところへ下りた。(GPSトラックログ参照)

 朝までは、TaさんとFuさんと3人の予定だったが、Taさんの体調不良で2人だけの山行となった。

○まずは、長い長い林道歩き

  道々木古内江差線の大川ゲート手前にあるトンガリ林道入口に車を置いて、山スキーを履き、薄暗い内にスタート。新雪が30cmほど・・・。

 トンガリ川の左岸に続くこのトンガリ林道は、知内町へ抜ける林道で、知内との分水嶺を越えるとチリチリ川沿いのチリチリ林道となり、林道マニアには人気の林道らしい。しかし、今は途中のゲートが閉鎖されているので、車では抜けることはできないようだ。

 スタートしてまもなく2つの山が並んで姿を現す。どちらも急斜面を擁する山らしく、雪崩れ斜面状の真っ白な山肌が見える。

 明るく広い谷底を蛇行しながら流れるトンガリ川を左手に眺めながら、長い林道を進む。2/3ほど過ぎた辺りで向きを西側の尖岳方向へ変えるので、2つの山が正面に見えてくる。左側には先に目指す袴腰岳(2)、右手には尖岳が・・・(3)。尖岳の東斜面の根元を巻くように林道は続き、やがて、ヘアピンカーブを曲がると目の前に取り付く予定の尾根が見える。

○尾根を辿り、稜線上の袴腰岳へ

 予定通りの2時間ちょっとで、約5.8kmほどの林道歩きは終了。いよいよ尾根登りである。林道は尾根の先端を巻くように続いているが、その地点は切り通しの崖になっているので、手前の小さな沢地形に続く作業道跡から取り付くことにする。

 下りは別の尾根を利用するが、同じ地点へ戻る予定なので、そこに不要と思われるアイゼンとピッケルをデポして、少しの軽量化を図る。

  幅広い緩やかな明るい尾根に乗り、稜線を目指す。ラッセルはほとんど気にならない程度で、快調に歩を進める。やがて、広いブナの疎林帯の急斜面を大きくジグを切りながら登り切ると稜線に出る。この斜面の登りが、今回一番きつかった(4)。さらに、稜線に乗り、尖岳をバックに袴腰岳を目指す(5)

 10分ほどで、左から知内町との境界尾根が合流し、頂上直下のコルとなる。頂上斜面の左側に木古内町市街地と津軽海峡が見える。天気が良いと函館山も見えそうだが・・・(6)。

 そこから頂上までは、細く急な尾根で、東側は雪崩れ斜面となっている。ツボ足で登ることにして、スキーをデポする(7)一部、キックステップの利かないところもあったが、慎重に登る。スタートしてちょうど4時間で袴腰岳頂上着。尖岳をバックに記念撮影(8)

  この山頂からの一番の楽しみだったのは、大千軒岳とその手前に広がる総称としての七ッ岳の由来にもなっている親岳、牛岳、燈明岳、馬岳、丸岳、長岳などのピーク群の展望である。大千軒がうっすらとしか見えず、馬岳は燈明の陰になっていて、長岳ははっきりしなかったが、それらの展望を十分楽しむことが出来た。いずれ、今冬中にでも踏破したい山々である(9) それらの展望を楽しみながら15分ほど休み、次の尖岳へ・・・

 つづく (稜線を辿り、尖岳へ)

inserted by FC2 system