〜北海道内670山以上と「日本三百名山」を踏破し、さらなる未知の山へ〜

7/11、16日ぶりの晴天の下、自宅から21.5kmの縦走周回をした函館山
夏山シーズン到来!
拙著〜好評発売中
直筆サイン本・注文受付中
詳しくは下記画像をクリック!
16日ぶりのみごとな青空の下、自宅から縦走周回した函館山山頂(7/11)
       少年の心で山へ

  ありがとうございます。あなたは 人目の来訪者です。98、9、29より
このサイトはWindows XP上のIE6.0で動作を確認しています。(1024×768ピクセル、フォント「中」が最適です)



 最新情報 
<更新日>
<最近1ヶ月以内の更新内容>
18,7,1116日ぶりの晴天の下、自宅から6時間弱、21.5kmの縦走周回をした「函館山」
18,7,10北海道新聞(みなみ風)連載「どうなん・とうほく山楽紀行」の「羊蹄山」(7/10・41回目)
18,7,82週間ほど続く悪天候の続く中、ルンゼ手前で撤退した、花狙いの3回目の「定山渓天狗岳」(7/7)
18,6、26北海道新聞(みなみ風)連載「どうなん・とうほく山楽紀行」の「ヤンカ山」(6/26・40回目)
18,6、25熊石の白水岳旧登山道の再開削作業のお手伝いに参加し、ようやく到達できた「白泉岳」(6/24)
18,6、18 今金町の低山薮山巡りで登った「烏賊付山・丸山」
せたな町の低山薮山巡りで簡単に登れた「松倉山・立象山・坊主山」
松前町江良の大鴨津川沿いの林道の奥から西尾根に続く作業道跡を登った薮山「健八流」(6/15)
18,6、12北海道新聞(みなみ風)連載「どうなん・とうほく山楽紀行」の「早池峰山」(6/12・39回目)
18,6、10引率のお手伝いで、56人の参加者と共に登った恵山つつじ祭り実行委員会主催の「海向山登山会」


〜ほぼ毎日更新中〜

by JAJA
  癌春(がんばる)日記 (ブログ)
2008年と.2011年の2度の大腸癌手術
・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・・


 index 

北海道山紀行 2018.6,25
山域別目次  五十音別目次
 <2018年の山
現在696山+αの山行記と写真をアップ中


拙筆による北海道新聞(みなみ風)隔週火曜日連載
 「どうなん・とうほく山楽紀行」 2018,6,26

拙筆による北海道新聞(札幌圏版)隔週金曜日連載
 「ほっかいどう山楽紀行」 2017,2,18(115回で終了)



日本三百名山&道外の山紀行 2017,7,18
 三百名山は、2010年9月11日、富士山で完登ゴール




歩き旅・フットパス・旧山道紀行 2017,11,18
道外の古道歩き旅や道内外のフットパス・旧山道など

スキーあれこれ 2018,3,1
指導員歴40年以上のスキーと山スキーとスキーマラソンのページ・



海外トレッキング紀行 2016.11,7
ネパール3回、ヨーロッパアルプス、中国(四姑娘山麓)、ニュージーランド、ペルー

一人気ままなエクスタシー 2014,12,30
くせになる「一人歩き」の快感、山ならではの感動を




これまでの度重ねてきた車中泊の経験のノウハウを・・・
   

リンク集 2016,9,7
「北海道の山」を愛する方々と、北海道・函館情報のサイトの紹介

函館叙情 2011,2,02 
函館の叙情溢れる光景写真のページ

お役立ち「北海道の山岳ニュース」ほぼ毎日更新

新刊紹介・好評発売中!
『北海道夏山ガイド 特選34コース』長谷川哲著
2018年5月25日発刊<北海道新聞社>
A5版 160頁 定価1700円+税
管理人の紹介記事
 最新版『北海道雪山ガイド』(HYML編)
2015年11月28日発刊<北海道新聞社>
17コース追加、B6版、448頁 定価2000円+税
管理人の紹介記事
『北海道の沢登りガイド』(岩村和彦著)
2015年6月13日発刊<北海道新聞社>
179ルート掲載  定価2200円+税
管理人の紹介記事
 最新版『北海道スノーハイキング』(HYML編)
2014年12月22日発刊<北海道新聞社>
私も新たに1ルート加筆、B6版、239頁 定価1800円+税
管理人の紹介記事

北海道の山メーリングリスト(略称HYML)会員登録案内
夕張岳ヒュッテ建替募金協力のお願い
メールをくださる方は、下記のメルアドの★を半角の@にしてください>
sakag888★gmail.com
ご感想、ご意見、ご質問、「私の山」など、ひとこといただければうれしいです。


リンク用のバナーです。リンクはフリーです。


山のトイレを考える会  スノーモービル対策ネットワーク

                                                   

inserted by FC2 system